遺品整理会社に依頼して正しく遺品を整理しましょう

手を合わせる男性

多様化した弔い方

数珠

中原区では葬儀の形が多様化しており、個人の意向にあわせて様々な葬儀プランが選べます。葬儀は一般的には葬儀会館などに知人や友人を招いて行なわれますが、中には静かに葬儀をすませたいと考える人もいるので、少人数で家族葬や密葬などを行なうこともできます。中原区では葬儀などを大々的に行なわずに、故人を火葬するだけという方法を取る家庭も増えています。特に宗教などにこだわりがなく、葬儀費用を安くしたいという場合によく火葬のみの葬儀を希望する傾向があります。他にも、故人が音楽に携わる仕事をしていた、音楽が大好きだったという場合に、通常読まれる読経のかわりに音楽を流す葬儀を行なうこともあります。時には楽団を招いて演奏を依頼するケースもあります。これらの葬儀は比較的行なう人が増加している傾向にあり、認知度もあがってきています。しかし、中原区で行なわれる葬儀の中にはもっと特殊な方法があるのです。自身が亡くなる前に、葬儀を執り行う方法です。この葬儀方法は宗教観などとはほとんど関係がなく、自分の気持ちを伝えたい、葬儀を演出したいという人に向いているやり方です。自分の葬儀に出席できるという不思議な体験をすることができます。また、遺骨などは通常お墓に収められるものですが、あえて埋葬せずに、海や山などに散骨する方法もあります。この方法は、メディアなどで取り上げられる機会も増え、徐々に行う人が増えて来ています。現在、中原区で行なわれる葬儀にはたくさんの方法があり、故人の趣味や好きなことを色濃く反映させることが可能になっているのです。